じゆうせいさくコンテスト「ペットロボットとお散歩」結果発表

Cover Image for じゆうせいさくコンテスト「ペットロボットとお散歩」結果発表

『ロボット・プログラミング学習キット KOOV®︎(クーブ)』には、アプリ内でユーザが自由に作品を公開できる「じゆうせいさく」機能があります。
じゆうせいさくコンテストは、この機能を使ってユーザが公開した作品から、テーマに沿った作品を選出、表彰するコンテストです。
第60回じゆうせいさくコンテストのテーマは「ペットロボットとお散歩」。10/1-10/31の期間で作品を投稿いただきました。

https://www.koov.io/notices/346

今回もたくさんの力作の投稿、ありがとうございました!

厳正な審査の結果、受賞作は下記の作品に決定いたしました。

受賞作品

金賞: 親子ペンギンのお散歩
プレイヤー: ケイスケ さん

金賞「親子ペンギンのお散歩」

銀賞: オウムのお散歩
プレイヤー: 航明 さん

銅賞: ミーアキャット
プレイヤー: リオナ さん

佳作: よく吠える僕の犬と散歩
プレイヤー: コウシロウ さん

佳作: のんびりカメさん
プレイヤー: ともな さん

佳作: 公園でおさんぽ中~
プレイヤー: 太陽 さん

佳作: 巨大ワニとお散歩
プレイヤー: haruto さん

審査総評

近年では工場や商業施設(しょうぎょうしせつ)などさまざまな場所でロボットが活躍(かつやく)していますが、みなさんは「ロボット」というとどんな形状をイメージしますか?体の多くが金属で構成された、いかにもカタカナ言葉でしゃべりそうなロボットもすてきですが、より親しみを持てるデザインのほうが活躍(かつやく)の場が広がることもあるのではないでしょうか。特に商業施設(しょうぎょうしせつ)など多くの人と関わるロボットの場合はなおさらです。
一方で、機能とデザインを両立させる設計を実現するには工夫が必要で、ロボットの製作者たちは日々試行錯誤(しこうさくご)を続けています。

今回のコンテストは「ペット」がテーマであったため、愛らしいデザインの作品が多く投稿されました。デザインだけでなく、プログラミングで適切な動きを与(あた)えられているものが多く驚(おどろ)くばかりです。
レシピから着想を得ている作品も工夫が光っています。銀賞の「オウムのお散歩」はロボットレシピの構造に羽ばたきの動きをプラスした作品ですが、元のデザインを崩(くず)さずに動きを実現させるには限られたスペースの中に構造を詰(つ)め込(こ)まなければならないため、高度な技術が必要です。

多くのプレイヤーが思い描(えが)いたかたちと目的の動きを両立させるために工夫を凝(こ)らしてつくられたペットロボットからは、プレイヤーのみなさんの創造力を垣間(かいま)見ることができます。ペットロボットだけでなく、他のあらゆるアイディアを実現させる際にもこの経験をいかして新しい作品を生み出すことを期待しています。

チーフロボットデザイナー・イラストレーター
宮代 宇穂

入賞したみなさま、おめでとうございます!
入賞作品はコンテスト終了から一定期間「じゆうせいさく」のトップにて表彰していますので、コメントや「いいね」で盛り上げてくださいね。
またFacebookでも入賞作品を今後順次ご紹介していきます!
次回のテーマは、KOOVアプリ内及びKOOV公式サイトでお知らせします。
次回もたくさんのご応募、お待ちしております。

ソニー・グローバルエデュケーションの プログラミング教育

Media banner AMedia banner B